「車検」か?「ベンツ」か?

『賃貸経営サバイバル時代』に勝ち残るためには?

a0002

「車検」か?「ベンツ」か?

この言葉をマーケッティングの言葉に言い換えると・・・?

●「ニーズ商品」か「ウォンツ商品」か・・・です。

アパート・マンションという「住まい」は、必要性があるから借りる典型的な「ニーズ商品」です。

ですから、入居者は毎月かかる家賃は出来るだけ節約したいと思って当然です。

一方、マイホーム(持家)はどうでしょう。持家は「住みたい」という「ウォンツ商品」です。ですから、賃貸住宅よりも生涯の住居コストが大きくなるにもかかわらず、みんなマイホーム願望を強く持っているのが現実です。特に、女性ほどマイホーム願望が強いんです。そして、この傾向は地方にいればいくほど強くなっていきます。

●”ねじれ”をうまく利用しろ!

昔から、「商売で成功するには「”ねじれ”をうまく利用しろ!」と言われています。

「ねじれ」とは、 「需要があるにもかかわらず供給がない」ものを探し出すと考えればわかりやすいでしょう。

このような「ねじれ商品」を周辺の競合する大家さんが気付く前にうまく供給する事ができれば、カンタンに勝組に仲間入りする事も可能です。このねじれをうまく利用する人は昇りのエスカレーターを昇るのと同じであり、その逆の人は下りのエスカレーターを昇っていくのと同じです。

それと、もう一つ。

●商売の基本は、”「売上=数量×単価」

商売の基本は、「売上=数量×単価」です。

入居率が70%であれば家賃収入は▲30%で済みます。この状態では大家さんの経営は持ちこたえることが出するでしょう。

しかし、あなたの所有する物件競争の地域がに入居者獲得の競争が激化すれば、入居者を宅得するための家賃下落競争が始まり、家賃価格はね極端な話で▲30%は間違いないでしょう。月額5万円゛か3万5千円のレベルです。数量と単価のいずれかが7割になってしまっても何とかなりますが、両方とも7割になってしまうと、その売上は半減してしまいます。

これからのアパマン経営は、よほど商品力ある以外、体力消耗戦の価格競争しか待っていません。価格競争は体力勝負ですから、普通の小資本の大家さんは決して勝てるはずも有りません。

そう、「アパート経営でなんとかしよう」という脳天気な大家さんは、生き残れない事を意味します。

そこで、弊社でも実勢事例で高効率な資産活用を実践しているのが、「賃貸経営サバイバル時代に勝ち残る、デザイナーズ戸建賃貸Oleth(R)」です。

●「地方でも通用する!究極のデザイナーズ戸建賃貸Oleth(R)」

 

parth007

※Oleth(R)とは、ホテル(HOTEL)のスペルを入れ替えて創られた造語です)

 

  <<前へ            10 11 12 13 14 15  次へ>>

 

 

> ★今すぐ「無料シュミレーション」に申込みたい方はコチラ

【誰も言わないアパート経営の本当のリスク】

メニュー

0 誰も言わないアパート経営の本当のリスク
1 車検かベンツか?
2 デザイナーズ戸建賃貸の需要はあるか・・?
3 見逃してはいけない、入居者の意識の変化
4 デザイナーズ戸建賃貸に住む事で得られる入居者のメリット
5 デザイナーズ戸建賃貸の大家さんのメリットとデメリット
6 Oleth(R)なら地方でも通用する!
7 なぜ、安く出来るのか・・・?
8 安くても品質は大丈夫なのか・・・?
9 資金調達の方法
 10 大家さんの喜びの声
11 入居者の喜びの声
12 土地活用事例
13 タダで自宅を手に入れるスゴイ裏技
14 建築施工例
15 ★無料シュミレーションはコチラ!