資金調達の方法

不動産投資」において、

アパートやマンション経営の一番のメリットは、

 「レバレッジ(梃子の原理)」をかけられるところです。

 

7115281レバレッジを掛ける事ができれば、小さなお金で安定的に大きなリターンを得る事が可能です。すなわち、高い資金回転率が可能になります。

しかし、レバレッジを使う場合、不動産投資を行う人の年齢によって目的をはっきりする必要があります。

レバレッジを大きくかければ 「資金を少なく大きく儲ける!」ことができますが、借入金が大きすぎると、当然、金利負担が増え、収益は少なくなります。

ですから、高齢になればなるほど「手残り」を大きくするために、借入金を少なくするのが懸命なやり方です。

アパートやマンション経営も「投資」のひとつです。投資物件である以上、変動金利で借りることはリスクです。

現在の日本の金利はまだまだ低いのが現状ですので、長期固定の方が有利だと言えます。

従来は、アパマン建築の場合のほとんどは銀行か住宅金融公庫でした。

住宅金融公庫は平成19年4月1日、「住宅金融支援機構」に生まれ変わりました。

当初、「フラット35」だけが残ると思われていましたが、「賃貸住宅融資」は残されました。

そして、住宅金融公庫時代に厳しかった条件も大幅に緩和されました。

また、自己資金がなくても土地の評価次第では可能になりましたし、敷金礼金も取れるようになっています。

さらに、担保評価もどの融資機関よりも高く、土地活用で外せないものとなっています。

また、最近、戸建賃貸に目をつけたノンバンクも、大変お得な融資を打ち出しています。

その融資とは、固定金利:30年、金利:3.3から3.9%、建築費の95%まで融資可能です。

融資条件は概ね下記のとおりです。

  1. 戸建て賃貸住宅中心
  2. 戸建て賃貸の場合、購入物件の95%融資
  3. マンションの場合は、融資期間と築年数を足して50年まで
  4. 戸建て70平米以上
  5. 給与所得者が対象(自営業不可)申込み同時2件まで(最大5件まで)
  6. 他に投資物件を持っている人は、家賃収入の75%までを所得とする
  7. 保証人不要、最低年収500万円以上。収入の合算はしない
  8. 金利3.36%から3.96%(事務手数料によって異なる。最大30年の固定)

地方の銀行に聞いたところ、30年固定ですと4.05%は確実に超えるとの事。

この融資は仮審査も翌日に出るなど機動性も高いので検討する必要があります。

詳しくは弊社までお問合せ下さい(088(674)8812)。

 

 

  <<前へ            10 11 12 13 14 15  次へ>>

 

 

> ★今すぐ「無料シュミレーション」に申込みたい方はコチラ

【誰も言わないアパート経営の本当のリスク】

メニュー

0 誰も言わないアパート経営の本当のリスク
1 車検かベンツか?
2 デザイナーズ戸建賃貸の需要はあるか・・?
3 見逃してはいけない、入居者の意識の変化
4 デザイナーズ戸建賃貸に住む事で得られる入居者のメリット
5 デザイナーズ戸建賃貸の大家さんのメリットとデメリット
6 Oleth(R)なら地方でも通用する!
7 なぜ、安く出来るのか・・・?
8 安くても品質は大丈夫なのか・・・?
9 資金調達の方法
 10 大家さんの喜びの声
11 入居者の喜びの声
12 土地活用事例
13 タダで自宅を手に入れるスゴイ裏技
14 建築施工例
15 ★無料シュミレーションはコチラ!